家庭教師とは

家庭教師は教育関連の中で比較的寛容に仕事をする人を受け入れてくれる職業といえます。事実、学校の教師や大学の講師など大勢の生徒を相手にして義務教育から専門的な教育まで行うために教師にはいくつもの資格や必要な義務が生じます。塾の講師の場合であれば、国家関連の資格は必要なくても教える技術や多くの生徒に的確にポイントを把握できるような優れた授業や学力が要求されます。しかし、家庭教師の場合は、そういった高いハードルがない場合も多く、一定の学力と最低限の適正があれば家庭教師として仕事をすることができます。

家庭教師が相手にする生徒は、特定の生徒による学年の縛りも少なく、下は小学一年生から上は高校三年の受験生といったところまで決まったものはありません。教え方の上手さは別として、小学一年生の勉強を大学生が教えることは可能なため、勉強を教えるという面から家庭教師のできる範囲で学年の指定や選択をすることです。

また、どういった指導を行うかは、家庭教師の雇い先に指定されるものもあれば、自由に家庭教師側が選び取ることができます。学習方針のほとんどは生徒か親御さんと話し合って決めることがほとんどですが、その手段となる学習方法などは家庭教師に一任されるのです。

Pocket