実際の仕事内容

家庭教師のサイトに登録した場合、どのような手順で仕事を請けることになり実際にどういった仕事環境となるかは、会社や生徒ごとに変わります。最初に、登録会社のスタンダードな形で言えば、登録して電話がかかってくるのが多いといわれています。最初の登録作業や家庭教師として所属させるかどうかを会社側がテストしたり確認することが最初の段階です。次いで、家庭教師の正式な登録がなされた場合には、実際に仕事の案件を紹介される段階となります。このとき、案件を確認して辞退することもできます。

ご家庭の学習方針や教科に納得して仕事を請ける場合、サインをして契約を結びます。この段階で正式にそのご家庭の家庭教師として仕事を始めることになります。そこで最初にテーマとしてあがるのが学習教材です。家庭教師登録の会社の中には、家庭教師を受けるのと教材がセットになっている会社があります。

こういったケースには、教材から指導内容までそのすべてが家庭教師一人に任せられ、教材は購入したりプリントや教科書自体をそのまま使うなどさまざまです。教材を選ぶ必要はなく、教材を中心に学習カリキュラムを策定して指導していくことになります。カリキュラムといっても簡単な計画や方向性だけといった場合も少なくありません。苦手な部分の克服やテスト対策といった要望がほとんどであるため、内容に悩むことは少ないといるのです。

Pocket

登録サイト選び

家庭教師は仕事となる案件を紹介してもらうために登録サイトに登録することが最良となります。家庭教師の登録サイトは全国各地に展開しており、それぞれ特徴的な方向性を持った会社となっています。会社ごとに当然時給や単価が変わり、必要となる学力や指導力なども変わってきます。家庭教師の仕事やアルバイトに何を求めるかで選択基準は変化します。

特に多いとされるのが、給与に関するものです。時給が高額になりやすい直接契約を支援する会社がその場合に選ばれやすいといえます。大手の家庭教師登録会社で採用されているバックアップと仲介型のシステムの場合には、間の仲介料を取る代わりに時給からバックアップしているという名目と会社ブランドを背景とした生徒集めによって金額が差し引かれます。従って、直接生徒と教師を引き合わせる登録サイトの場合、時給が差し引かれることがないため、より高い時給で仕事ができるということになります。

逆に大手の登録会社によるバックアップがあることで、教師・生徒間のトラブルを引き受けてもらえるということも考慮せねばなりません。家庭教師の仕事には相手の両親や子どもと何かしらトラブルがあった場合に、解決のための話し合いや教師の変更といったことを引き受けてくれます。どちらのタイプの登録会社が優れているということではなく、自らの目的にあったほうに登録することが必要です。

Pocket

家庭教師とは

家庭教師は教育関連の中で比較的寛容に仕事をする人を受け入れてくれる職業といえます。事実、学校の教師や大学の講師など大勢の生徒を相手にして義務教育から専門的な教育まで行うために教師にはいくつもの資格や必要な義務が生じます。塾の講師の場合であれば、国家関連の資格は必要なくても教える技術や多くの生徒に的確にポイントを把握できるような優れた授業や学力が要求されます。しかし、家庭教師の場合は、そういった高いハードルがない場合も多く、一定の学力と最低限の適正があれば家庭教師として仕事をすることができます。

家庭教師が相手にする生徒は、特定の生徒による学年の縛りも少なく、下は小学一年生から上は高校三年の受験生といったところまで決まったものはありません。教え方の上手さは別として、小学一年生の勉強を大学生が教えることは可能なため、勉強を教えるという面から家庭教師のできる範囲で学年の指定や選択をすることです。

また、どういった指導を行うかは、家庭教師の雇い先に指定されるものもあれば、自由に家庭教師側が選び取ることができます。学習方針のほとんどは生徒か親御さんと話し合って決めることがほとんどですが、その手段となる学習方法などは家庭教師に一任されるのです。

Pocket

家庭教師のアルバイト

大学生や専門学校生などの立場に新たになるとアルバイトできるようになります。その多くは大学生バイトであり、さまざまな種類の中からアルバイトを選ぶことになります。その中で大学生によるバイトとして人気が高いのが家庭教師といわれています。家庭教師を仕事として行うためには、子どもの勉強を見てほしい親御さんと家庭教師の契約を結ぶ必要があります。しかし、知り合いだけでそういった家庭教師先を見つけるのは非常に難しく、効果的に仕事を見つけるためには家庭教師を派遣するための会社に登録することが最善となります。

会社そのものが仕事先になるのではなく、仲介という形を取るのは家庭教師が雇用契約によるものではないことをしてしていることであります。学生アルバイトとして教えるのが好きな方や自給が高いアルバイトがよいという場合に家庭教師が選ばれます。勉強を教えることは確実な仕事内容となりますが、それは家庭教師の会社ごとに異なるといえます。

生徒のほとんどが進学の受験勉強を重視しているところもあれば、学校の勉強や愉しい学習を優先しているところもあります。最近では両極化している会社も多くなってきたため、生徒ごとに希望の対応を選ぶ形を取っていることも少なくありません。大学生にとって気楽にバイトできるようにとにかく学習の場を作り出すことを真っ先に行っている会社の場合、教師と生徒のマッチングのほうが重要とされていることもあげられます。以上のことから家庭教師を仕事として選択する場合には、教師を派遣する会社を慎重に選ぶことが必要です。ここでは家庭教師のサイトの登録について選ぶポイントをご紹介します。

Pocket